ウーマン

M&Aを検討している会社が急増中です|一覧で比較しよう

男女

特別なものではありません

後継者問題等から会社を売却するという選択肢を考える経営者が増えてきた一方で、企業買収を経営戦略上の選択肢として考える経営者も増えてきました。今後も企業買収のマーケットは拡大していくものと予想されています。

売却側でも見極めが必要

オフィス

企業選びは慎重に実施

M&Aを企業の戦略として実施している会社は多くなっています。M&Aでの成功率は50パーセント程度といわれていますが、明確なビジョンと戦略と計画がしっかりしていれば、M&Aで失敗する可能性は低くなります。会社を売却する側の立場であれば、いかに事業を存続させることができる会社に託すことができるかがポイントになります。高く売れれば、それが最大の成果なのですが、できる限り事業の存続も願っているのが本心なのです。そのため、M&Aを検討している場合には、対象となる会社うを一覧化するなどして比較検討することが最も大事なポイントになります。過去にM&Aを成功させたことのある会社を一覧化することでその中で事業に見合った会社を選別することもできます。前提として資金力があるなどの要素もありますが、検討段階ではできる限り多くの会社を一覧化することが大事になります。一覧化されたリストの中から実際にオファーを行うのは数社になります。M&Aのコンサルティングはこのような手法を用いて適切な企業売却先を検討して決めていくのが一般的になっています。事業は需要がなくなれば衰退することになります。そのため、できる限り競合他社を減らすことが望ましいのです。そして競合他社にM&Aしてもらうことで事業やビジネスを存続させることができる可能性が高いのです。新規参入と比較すると存続率も高くなっているのが特徴になっています。相手先選びは慎重に行うべきなのです。

ビル

買収による自社への効果

一般的に企業買収はマイナスな効果がありますが、新たなマーケットを開拓できたり、新事業に参入できたりするため、メリットがたくさんあります。これによって、利益を増やせるため、業績を安定させたい場合にも企業買収を行なうと良いでしょう。
握手

生き残れる企業になるには

企業買収すると新しい分野に進出して成功するのが楽になる他、販路を広げたり仕入れや物流コストを減らすことができるようになります。企業買収を成功させるには買収する企業の調査や、双方にメリットがあるように条件を交渉する必要があるので、専門性の高いコンサルタントにサポートしてもらった方が良いでしょう。

Copyright © 2017 M&Aを検討している会社が急増中です|一覧で比較しよう All Rights Reserved.